セミリタイアを目指す男のブログ

~このブログはセミリタイアを目指す男のブログである~


また同じことの繰り返し


スポンサーリンク


こんにちは、シュガーです。

最近はすっかり暖かくなってとても過ごしやすい季節になりました。

もちろん花粉も飛んでいます。
いつも程ではないけど鼻水は出るし目は痒いし。
なんて過ごしづらい季節なんでしょうか。

そんな花粉症の症状に悩まされてる僕はまた同じことの繰り返しにさらに悩まされてます。

f:id:sugarmusic:20181108205110j:plain
『手が空いたら他の人を手伝って』

ハァ…またこれですか。

未だに仕事量が少なくて会社で働いてるほとんどの人達が残業をせずに帰っているのに、一部の残業代欲しさにわざと遅く仕事をして残業をしてる人達のせいで真面目に働いてる人達が手伝いに駆り出されています。

いい加減にしてほしいものです。

何がすごいって手伝ってもらってるのにそれでも残業をするところです。
そんな人達の手伝いをして何か意味がありますか?

その人達が言うには残業をしないと間に合わないそうです。

そうなの?
あなた達以外の人達は仕事をとっくに終わらせてるのに?
ライン作業で前後の人達は終わってるのに?
それは摩訶不思議な現象ですね。
上司にしっかり相談した方が良いと思いますよ。

これは会社が無駄に残業ばかりさせてた頃の弊害がいつまでも残り続けているということです。

会社があの手この手を使って残業代や手当てを含めたお給料をわかりづらくした嘘っぱちの求人票を出すものだから、そんなのが当たり前の時代に生きてきた頭の悪いカス共がいつまで経っても残業代をカットされた自分の手取りのお給料の現実を受け入れられず、ない仕事をさも大量にあると見せかけて必死に残業をしているのです。

残業代をあてにした生活をしていた人達が、仕事量が少なくなってきたから残業をするなと言われてホイホイ残業をやめるわけがありません。
だって自分の理想としている生活が出来なくなるから。

だから何としてでも残業代を得ようとあの手この手を使って頑張るのです。

もちろん頑張るのは仕事ではありません。
少ない仕事をどうやって残業をしないと間に合わない仕事に見せるか頑張るのです。
ただの馬鹿です。

そして会社はそれに対して残業させまいとあの手この手を使って妨害するのです。

そう、真面目に働いて仕事を早く終わらせた優秀な人達に遅い所を手伝えと言ってくるのです。
もちろんお給料は変わりません。

やる気が起きますか?
起きるわけがありません。
起きるのは殺意くらいのものでしょう。

いつまでこんな事を繰り返すのでしょうか?
最初から残業なんてさせずに定時で帰らせるのが当たり前だったらこんな訳のわからないことは起きなかったでしょう。

忙しくなったら残業をしろ。
暇になったら残業せずに帰れ。

そんなことを言ってるからこんな混乱が起きるのです。

もう忙しかろうがなんだろうが残業なんてせずに帰りましょうよ。

そんなに長時間会社にいさせてどうするのよ?
何が目的なんですか?
あたしの体?

言っとくけどあたし初めてじゃないんだからね!



まぁ、そんなわけで暇だってわかってる人の手伝いはしたくありませんよ~ってことが言いたかったんです。

別に僕は誰も手伝ってませんが、一緒に働いてる人が愚痴を言ってたので。

みんなも仕事がないときは素直に帰りましょう。
仕事がある時も残業なんてしないでさっさと帰りましょう。

そうしないといつまで経っても長時間労働はなくなりませんよ。
長時間労働は撲滅させましょう。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。