セミリタイアを目指す男のブログ

~このブログはセミリタイアを目指す男のブログである~


退職した会社に遊びにくる人達ってかわいそうだよね



こんにちは、シュガーです。

先日僕が働いている会社に定年退職した人が遊びに来ました。
その遊びに来た人は笑顔で元職場の人達と喋って楽しそうにしてました。

f:id:sugarmusic:20190315213718p:plain:w400
ただ楽しそうにしていたのはその人だけでこちらとしては迷惑極まりないです。だってその遊びに来た時間は仕事をする時間だから。
実際職場の人と喋っていたのは10分くらいで後はみんな仕事を始めて相手をしなくなりました。
その人も喋る人がいなくなったら、フラフラと職場内を散歩してジロジロと人が仕事をしているのを観察して帰っていきました。



何しに来たんでしょうね?
せっかく会社を定年退職することができたのに、わざわざみんなが仕事をしている時間を選んでこんな殺伐とした職場に遊びに来るなんて。
もしかして歓迎されるとでも思っていたのでしょうか?まずそんなことは有り得ないでしょう。
残念ですが会社を退職した人はもう会社とは何の関係もありません。『会社の仲間』から『赤の他人』になってしまったわけです。そんな『赤の他人』に仕事時間中に話し掛けられても迷惑以外の何者でもありません。
その人が社員時代にどれだけ会社に貢献してようがなんだろうが、退職した時点でもう過去の人です。今現在働いている人にとってはどうでもいい人間なわけです。

もちろん今回遊びに来た人だけではありません。
今までだって退職した会社に遊びにくる人を何回も見てきましたが、誰も相手にしてくれないため二度と会社に遊びに来ることはありませんでした。中には強靭な心を持ち合わせて何回も会社に遊びに来る人もいましたが。
その遊びに来た人も自分が会社に勤めている時にそんなのを嫌ってくらい見てきたはずです。それでもなお遊びにくるなんて。自分は相手にされるとでも思っていたのでしょうか?

それに会社に遊びに来る人って性格的に好かれていない人が多いんですよね。
好かれている人だったら会社以外にも居場所はありますからね。わざわざ勤めていた会社になんて行く必要がありません。

たぶん勤めている時は会社の人が仕事でしかたなく相手をしていたんでしょうけど、退職してしまったらプライベートでは相手をしてくれる人がいなかったという事でしょう。
そのあまりの寂しさに「勤めていた会社に行けば相手をしてくれる人がいる、自分を必要としてくれる人がいる」。
そう思って『わざわざ出向いてやったよ』的な感じで会社に遊びに来るわけです。
自分に会いたかっただろ?わからないことがあって相談したいことがあるだろ?その人を中心に輪ができて、みんな笑顔で歓迎してくれる。そんな自分に都合の良いことを妄想しながら会社に遊びに来るわけです。
でも実際はみんな多かれ少なかれ仕事を抱えているわけです。そんな『赤の他人』なんて相手にしてくれません。一応は笑顔で話をしてくれる人もいるのでしょうけど、内心早く帰ってくれと思っている事でしょう。

世代毎に『働く』という事に対しての考えが違います。今の50代60代ぐらいの人は会社の仲間は家族同然なんていう考えを持っているかもしれません。もっと上の世代かな?
ですが今の40代から下の世代は働くのはお金のため、一緒に働いている人は会社の仲間かもしれませんが、それ以上でも以下でもない。と考えている人が多いと思います。もしかしたら仲間とも思っていないかもしれません。
そんな人が多い会社に遊びに来たって相手なんてしてくれる訳ありませんね。

正直言うとせっかく会社にまで足を運んできて、そんな態度をとられてしまって寂しそうに帰っていく退職した人を見るのは心苦しいです。こんなはずでは…みたいな顔をしながらトボトボ帰っていくんですよ? してないかもしれませんが。
こちらも胸を締め付けられる思いなわけですよ。
なので退職した人は会社に遊びに行かない方が良いですよ?絶対に良い思いなんてしませんから。
せっかくキレイさっぱりに退職できた訳ですから、過去の思い出に浸るぐらいにして新しい自分の居場所を探した方がいいでしょう。
去った場所に去った人の居場所なんてないのです。
どうしても会いたくなったら連絡して会社とは関係のない場所で会えば良いのです。連絡先くらい知ってるはずです。仲が良かったのならそれで会ってくれます。
会ってくれなかったらその程度の間柄だったんだな、と思って諦めた方がいいですね。
所詮は同じ会社に勤めていただけの他人な訳ですから。あまり会社の人間関係に期待をしない方がいいと僕は思っています。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。