セミリタイアを目指す男のブログ

~このブログはセミリタイアを目指す男のブログである~


映画『耳をすませば』を見よう



こんにちは、シュガーです。

今日は映画『耳をすませば』です。

耳をすませば サウンドトラック
スタジオジブリの作品はたくさんありますが、珍しく恋愛系の作品です。
この作品が劇場公開されたのは僕がまだ小学生の頃で、まだ恋愛の事などよくわからない時でした。今でもよくわかっていませんけどね。

雫の友達がひどい顔で泣いていたり、雫と男友達が神社で何故か言い合っているシーン。子供の時はチンプンカンプンでした。
よく理解できていませんでしたが、それでも楽しくこの作品を見たことを覚えています。

さすがスタジオジブリです。恋愛の事など全くわからない僕に、大人になったらきっとこんな風に恋愛するのかな?などと子供ながらに妄想させてしまったのですから。
実際にそんなうれし恥ずかしい恋愛は出来たような出来なかったような…。

それに何故か雫のお姉さんのサービスショット。
正直そこまで色気はありません。まぁじっくり見させてもらいましたがね。

恋愛とは全く関係ありませんが、何故か主人公の雫が麦茶を飲むシーンに一人で大笑いしていた恥ずかしい思い出。

「行けることが出来たんだ、高校へ」
僕が言える精一杯のかっこいいセリフはこんなもんです。
まったく聖司くんはかっこいいぜ!
さんざん雫の事を付け狙っていたくせに!
このストーカー野郎め!

とにかく甘酸っぱく、見ているだけでほっこりしてしまうこの作品。みなさんもよかったら見てみてください。

耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]

ちなみに同じスタジオジブリに『猫の恩返し』という作品がありますが、こちらは雫が夢を叶えて小説家になって書いた作品だと言われている



らしい。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]