セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


僕が一戸建てを購入した時の流れ



こんにちは、シュガーです。

一戸建てを購入して早数年。
住み始めた時ほどの感動はありませんが、一戸建てを購入して良かったと今でも思っています。

今日は僕が一戸建てを購入した時の流れを紹介したいと思います。
なるべくないようにするつもりではありますが、もう何年も前の話です。それに当時の事をしっかり記録に取っていた訳ではないので、どこかに間違いやらが何やらあるかもしれません。

それでも良いよ、気にしないよという人はぜひ最後まで読んでいってください。

まずは近所の住宅公園に

f:id:sugarmusic:20181107232704j:plain:w400
最初に住宅公園に行ってみたいと言い出したのは妻の方でした。妻は倹約家なので、まさか妻の方から言い出すとは思っていませんでした。
僕はというと、昔から自分の家が欲しいと思っていたので特に断る理由もありません。言われたその日にさっそく住宅公園に行きました。

初めての住宅公園

当時住んでいたアパートから少し離れた所に住宅公園がありました。
誰もが知っているハウスメーカーからあまり聞いたことのない工務店まで、たくさんのモデルハウスが建っています。

初めての住宅公園でドキドキのワクワクでテンションが上がりました。
ハイ、最初だけでしたけどね。僕は二、三軒モデルハウスを回ると飽きてしまいましたよ。だって説明を聞くだけでも結構シンドイです。
僕の周りでは何日かかけて住宅公園にあるモデルハウスを全て見て回ったという人もいましたが、僕は最終的には全てのハウスメーカー、工務店を見て回りませんでした。
理由は

  • 一度モデルハウスの中に入ると話が長い
  • パンフレット等のゴミが増える
  • 電話営業がウザい

からです。

営業の方が悪いわけではないのです。それが仕事なのですから。しかしモデルハウスに一度足を踏み入れると、家へのこだわりやらなんやらを紹介してくれるわけです。その話がとにかく長い。一日で二、三軒のモデルハウスを回ると結構シンドイです。

そしてパンフレットやらお土産やら色々貰うことになるのですが、それも最終的にはただのゴミになりますし、行ったモデルハウスの分だけ営業の電話が掛かってきます。
その対応や後々○○に決めました。と伝えなければならない時が来るんだろうな、と予想ができていたので、僕はその『断る』というのが嫌で全てのモデルハウスを回りませんでした。

それでも僕らなりに色々と見て回ってココがいいなというものが決まってくるわけです。
モデルハウス以外にも建設途中の家を見に行ったり、建売を見に行ったり、実際に住んでいる人の話を聞いたりもしました。中にはハウスメーカーの工場に行ったりもしました。

ここに決めた

そしていくつかのハウスメーカー、工務店を見て回り二人で話し合った結果、とあるメーカー?工務店?に決めました。
理由は

  • 家へのこだわり
  • 購入金額
  • 営業の方との相性

です。

色々なハウスメーカー、工務店の家の建て方やこだわりを見たり聞いたりして、自分達に合うところや単純に自分達の財務状況を考えたりして決めました。

後は営業の方との相性も大切です。モデルハウスを見に行った少しの間でも、この営業の方は信頼できそうにないなと思ったら、後の電話にも僕は出ませんでした。
家は安い買い物ではないので、信頼できない人に任せられません。家を建てた後であーじゃない、こーじゃないなんてなったら困りますからね。
それに担当になった営業の方は家を建てた後もずっと担当です。どうせだったら信頼のできる方が担当だと家を建てた後も安心できます。

一応言っておくと、基本はどこのハウスメーカー、工務店の営業の方はしっかり対応をしてくれます。その『ない』と思った方は、たまたま僕達とは合わなかっただけでしょう。これも一つの運命ですね。

住宅公園にモデルハウスを見に行くようになってからここまでをおよそ三ヶ月程です。

土地を探す

f:id:sugarmusic:20190104083123p:plain:w400
気に入ったハウスメーカー、工務店を決めたら次は土地ですね。その逆もあると思いますが。

自分達が何処にどのような家を建てたいのか。人によって色々な事情やこだわりがあると思いますが、僕達は割りと気に入った場所に家を建てる事ができました。さすがに100%気に入った場所か?と聞かれたら答はノーということになってしまいますが、それでも良い場所に建てられたと思っています。

土地を決めるに当たって注意をすることは
『早い者勝ち』というところです。

僕達は住宅公園に行くようになった時と同じぐらいのタイミングでインターネットを使って自分達で土地を探したりしてました。
もちろんハウスメーカー、工務店の営業の方も一緒になって探してくれます。

何ヵ所かココがいいなぁなんて土地を見つけていたのですが、一番良いと思っていた土地は残念ながら先を越されてしまいました。これが100パーセント気に入った土地ではないと言った理由です。
気に入った土地の『仮予約』もできますが、長い期間できるわけではありません。たしか二、三週間ぐらいだったような…。
僕達は『仮予約』すらできませんでした。
なので良いと思った土地は早めに押さえておいた方が良いと思います。

地鎮祭を行いました

今はやらない人もいるようですが、僕達はちゃんと行いました。何もないとは思いますが、念のため。
その後はご近所さんに挨拶回りをしました。
家を建てようと決めてから四ヶ月程の事です。

内装やら色々

僕達は色々平行して進めていたので、地鎮祭の時には家の大きさ、間取り等はほぼ決まっていました。
後は内装を決めるのですが、僕達が一番悩んだところです。

  • 床の種類、色、壁紙
  • 台所、トイレ、お風呂のメーカー
  • コンセント、ライトの位置
  • 扉とドアノブの種類、色
  • 窓の大きさ、位置

一通り書きましたが、たぶん他にもあります。
とにかく決めることがたくさんあります。

色々な細かい箇所を内装の担当の方と一緒に決めていきますが、一度決めたことを後で変更なんてのも当たり前のようにしました。
妻は優柔不断なところがあるので最後までこれで大丈夫かなぁ?なんて心配もしていましたが、今は特に不便な箇所、後悔している箇所はなさそうです。

家を建て始めてからも何回も打ち合わせをしたり、実際に建てている途中の我が家に訪問して、細かい部分の変更等も対応してくれました。

カーテンは専門店に頼みました

内装がある程度出来上がった時に専門店にカーテンの注文を頼みました。
というのも家の間取り図で寸法がわかっていても、実際に計ってからカーテンを作ってくれるそうで、ある程度内装が出来上がった状態でないとカーテンが作れないからだそうです。

こだわる所と要らない所をしっかり考えよう

家を購入するというのは一生に一度あるかないかだと思います。なのでできる限り自分達の理想の家を建てたいと思うのは当たり前の事です。
だからと言ってアレがあると便利だから、コレを付けるとオシャレだからと、色々付け足していくとそれだけ購入金額が上がっていきます。本当にソレが必要なのかを家族でしっかり話し合って、本当に必要な物以外は付け足さないようにしましょう。お金に余裕がある人は別ですけどね。

実は僕も少し暴走して色々余計な物を付けそうになりましたが、妻が止めてくれました。妻がこれはいらないんじゃない?と言って僕を止めてくれたおかげで、僕もそうだよね、やっぱりいらないね。となった箇所もあります。
そんな事この記事を書くまですっかり忘れていました。そのくらいどうでもいい箇所だったのでしょう。設置しなくて良かったです。妻に感謝です。

逆に少しこだわった箇所もあります。大したこだわりではないのですが、ちゃんとやらないと後悔しそうだなと思ったのでわがままを通しました。
結果は通して良かったです。小さい事ですが少しオシャレになりました。
妻の友人が遊びに来た時にオシャレだね~なんて誉めてくれたそうです。
それを聞いて一人で喜んでいました。

こだわりたい所と要らない所。
この選択は少し難しいですが、自分達でしっかり考えて話し合いましょう。後で後悔しないように。

無事に家が出来上がりました

住宅公園に行くようになってからここまでおよそ九ヶ月。そんなこんなで無事僕達の家が出来上がりました。
マジで感動です。それと同時に本当に一戸建てを建てたんだ。という現実感が押し寄せてきて、本当にローンが返済できるのだろうか?というプレッシャーが…。
まぁ最初だけでしたけどね。今は特に感じてません。なんとかなると思っています。
頭の中でしっかり返済シミュレーションもしましたし、ちゃんと貯金もありますからね。なんとかなりますよね?

一戸建てを建てたことに一片の悔いなし!

どのタイミングで行ったか覚えていないが行ったこと

  • 大量の契約書やらに署名に捺印
  • ローンを組む前の相談
  • 自分からは電話しなかったが、他のハウスメーカー、工務店の営業の方に○○に決めました。との報告。しないと長い間電話、お便りが届く事になります

他にも何かあったようなないような…。

ここは良かった。ここは失敗したかな?と思ったこと

良かったこと

室内にも洗濯物を干せる場所を作った

外で干した洗濯物を室内に取り込む時や梅雨の時期等、洗濯物が渇きづらい時に室内にも干せるようになっています。結構便利です。

失敗したかな?と思ったこと

コンセントの位置

コンセントの位置を自分達で決めるのですが、ハッキリ言ってどこにつければ良いかなんてわかりません。何ヵ所か違う箇所にすれば良かったかな?と思っています。

二階の寝室の窓の位置が低い

寝室にある窓の高さが少し低いです。腰より下です。パッと見はそうでもないのですが、二度ほどヒヤッとした事がありました。落ちると危険なのでどこかで対策をしたいと思っています。

最後に

一戸建ては一生に一度の大きな買い物です。
一度家が建ってしまうと後戻りはできません。なので後悔がないようにしっかり自分達で考えましょう。
時には諦める事も肝心です。今すぐ建てる必要はありません。お金が貯まった後でも良いのです。諦めきれなくて無理矢理家を建てて、後の生活がカツカツになってしまったり、せっかく買った家を手放すことに…なんて笑えません。

自分達の無理がない範囲で理想の家が建てられると良いですね。
僕のこの記事が家を購入しようと考えている人達に少しでも役に立てればと思います。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。

www.semi-retirewomezasuotoko.com