セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


悪い事したかな?と思った話。



こんにちは、シュガーです。

f:id:sugarmusic:20181115234258p:plain:w400
この間、会社で喧嘩がありました。と言ってもただの口喧嘩です。誰にでもあるような些細なミスで、普段なら喧嘩になるような事ではありません。
ただ、指摘した人が悪かったのです。

この指摘をした人。仮にAさんとして、Aさんは普段から仕事が適当で周りに迷惑を掛けることが多々あります。なのであまり好かれる人ではありません。そして指摘された人をBさんとします。Bさんは真面目で人の文句をあまり言わない人です。このBさんはあまりAさんの事を好きではありません。それでもBさんの仕事上どうしてもAさんと会話をしなければならず、しかたなく最低限の会話をします。それで最近色々あってAさんに対してイライラが募っていたのでしょう。

BさんはAさんに指摘された時に大声で怒鳴ったのです。それはもう工場中に響きわたるぐらいの大きな声で。Aさんも負けじと怒鳴りはしませんでしたが、怒った口調で反撃。とまぁまぁな喧嘩になりました。僕は関係なさそうなのでもっとやれ!やっちまえ!と心の中で思っていましたが、班長がさすがに止めに入りました。余計な事を。
で、結局はBさんの勘違いだったそうです。
Bさんは「自分の勘違いでした。すみません。」と素直に謝って、Aさんも「俺も怒って悪かった。」と二人とも大人の対応をして喧嘩は収まりました。
と、ここで喧嘩は終わるのですが、ちょっと微妙な心境の人がいます。そう。『セミリタイアを目指す男』シュガーである。

実はBさんがAさんに仕事の事であまりいい対応をされていない事を知っていた僕は「そういう時は怒った方がいいよ」とか色々Bさんに言っていたわけです。Bさんは僕の言葉通り、Aさんに怒ったわけです。自分が悪いのに。もう今まで見たことがないくらいに怒鳴り散らしていたのです。自分の勘違いなのに

殴り出すんじゃないか?というぐらいの勢いで怒鳴って結局自分が悪かった時のBさんはきっと恥ずかしくていたたまれなくなったことでしょう。
そんなBさんを見て僕も少し申し訳ない気持ちになりました。
ですが確かに怒った方がいいとは言いましたが、まさか自分が勘違いしているそのタイミングで怒るとは思いませんでしたよ。

その日1日、Bさんは僕と目を合わせてくれませんでした。やっぱり僕に恨みを持ってしまったのでしょうか?人の相談に乗るというのは難しいものですね。何だか悪いことをしたかな?と思った話でした。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。