セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


週休三日は欲しい。



こんにちは、シュガーです。

夏の連休が終わってまだ三ヶ月も経っていません。次の連休は年末年始。あと二ヶ月ないくらい。



長いですね。そんなに待てない。いや、待たなきゃいけないのですがとにかく長い。カレンダー通りの会社だったら三連休が何回かあったのかもしれませんが、僕が働いている会社ではそんなものはありません。
ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始の休み以外は土日を休むくらいしかありません。土日休めればいいなんて思っていた時もありましたが、今は水曜日辺りにも休みが欲しい。

f:id:sugarmusic:20181106183846j:plain:w400
よくよく考えると五日働いて二日休むってどんだけ働くんだよって思いますよね。バランス悪くない?『四日行って三日休む』とか水曜日を休みにして『二日行って一日休んでまた二日行って二日休む』の方がバランスいいじゃないですか?文明がここまで進化しているのに仕事の時間が減らないのはおかしい。

っていう話を誰かにしたことがあるのですが、そう思うのはどうやら少数派っぽいです。みなさん今の仕事の日数に特に不満はないようです。むしろ残業や休日出勤をしてもっと稼ぎたいそうな。
僕とは感覚が違いすぎて話が広がりません。こういう人達がいるうちは週休三日制という世界なんてのはきっとこないのでしょう。どうしても週休三日制にしたからったら正社員を辞めるしかないのです。アルバイトやパートだったらそういう働き方もできます。

でも僕が言いたいのはそういうことではありません。正社員の今の給料のまま週休三日制になりたいのです。経営者だけでいいじゃないですか、毎日働くのは。それだけ報酬を貰っているのですから。僕なんて週五で働いて毎月のお給料が二十万円いかないんですよ?やる気を出せるわけがありません。

f:id:sugarmusic:20181106184249p:plain:w400
みなさんはどう思いますか?週休三日制。僕は多少給料が減っても週休三日制の方がありがたいですけどね。減らなくてもできるのならそれが一番いいですけど。
まぁ若いうちはもしかしたら働きたいなんて思うかもしれませんが、歳をとれば週に五日も働くのはツラいでしょう。どこかのタイミングで出勤数を選ばせてくれるとこちらもありがたいのですがね。
そんな世の中にならないものか。そうすれば仕事が辛くて鬱になるとか、仕事を辞めたいとか思う人も減ると思うのですけどね。
でもきっと『労働者の敵は労働者』。いざそういう話が出たとしても、そういうことを邪魔をするのは経営者ではなく労働者なのだろうな。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。