セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


生き方って一つじゃない。



こんにちは、シュガーです。

いつだったか仕事があまりにも嫌で同じ職場の人に「こんな生き方つまらないよなぁ」なんて言ってしまいました。その人からは「生き方って」と鼻で笑われたことがあります。たぶん何言ってんだコイツ。と思われたのでしょう。

レールから外れるような生き方は良くない。

f:id:sugarmusic:20181028005457j:plain:w400
パターンとしては学校卒業からのすぐ就職。僕もそうですし周りもほとんどそうでした。基本はこんな流れだと思います。
当時の僕はその事に対して違和感はなかったし働かないなんて意味がわからない。このレールに沿ったような生き方になんの疑問も抱きませんでした。
もしこの決められたレールから外れるとアナタ大丈夫?と思われることでしょう。

キツい会社に入社してから何かがおかしいと思い始めた。

二社目の会社はブラックとまではいかないと思うのですが、それはそれはキツい会社でした。毎日三時間の残業と土曜日は休日出勤が当たり前。こちらの予定を聞いてくることもなく、残業と休日出勤の予定表に名前が書かれていました。それらを断った先輩が怒られているのも見たことがあります。毎月の時間外労働は99時間。100時間までいかなかったのは、100時間を越えるとどこからかに何か言われるからだそうです。
その時の上司はそういう計算は上手かったのでしょう。段々その事に麻痺していたのかイヤイヤでもどこかでそれを受け入れていたのですが、急に「なんでこんなに働いているんだ?」と思い始め、辞めることを決意しました。
その時からなんでこんな大変な思いをしてまで働かなきゃいけないんだろう?と思うようになりました。

あまり働かないで生きていく道はないだろうかと考えるようになりました。

f:id:sugarmusic:20181028005529j:plain:w400
自分では働くのは嫌いじゃないと思っていたのですが、そんなことがあってからもう働くのが嫌になってしまいました。それでも生活していく為にはお金を稼がないといけません。
今の会社に移って一応正社員として働いています。ですがなるべく残業をしないように、早く帰れる時はさっさと帰って、周りに『コイツは残業をしない人』と思わせるように働き始めました。それのお陰か今は残業をしないで帰っても特に何も言われません。追加で仕事を振ってくることも減りました。

生き方って色々あると思うんですよね。

同じ会社に定年まで働き続けるとか色々な会社を渡り歩くとか。個人事業主として働くとか会社を経営したりだとか。それこそあまり働かないで生きるという選択肢だってあっていいと思います。
しかし世間はそれを許しません。近所で正社員として働かない人がいたらきっと「変な人」というレッテルを貼られるでしょう。残念な事にココ日本では正社員ではないというのは「変な人」というイメージしかもたれないのです。自分達と違うことをする人は受け入れられないようです。

周りに何を言われても自分の人生なのだから自分のやりたいようにやってもいいと思うのです。
自分で何かをしてお金を稼ぎたいという人に「どうせうまくいかないからやめといた方がいい。」と最初から無理だと決めつける人もいます。その人はきっとこのまま会社に残れば給料という安定した収入を貰えるんだから、余計な事はしない方がいいぞ。という親切心で言っているのかもしれません。
もしそこで「確かにそうだよな。」と他人の意見ばかりを聞いてしまうとまた型にハマった生き方しかできなくなってしまいます。
もう少し自分の意見に素直に従ってもいいんじゃないでしょうか。周りの目を気にしていたらやりたいことはできなくなってしまいます。せっかくの人生なのだから自分のやりたいようにやってもバチは当たらないと思います。
今すぐではなくても、その目標に向かって少しずつ進んでいければ何か楽しい人生が待っているかもしれません。

f:id:sugarmusic:20181028005624j:plain:w400
まだセミリタイアを達成していない僕が言っても説得力はありませんが、そんなにたくさん働かなくても生活はできます。周りの人が働いているから、みんなやっている事だからと、特に疑問を持たずに流れに身を任せているとどこかで後悔する時が来るかもしれません。そうならないようにどうすれば自分が納得できる人生を歩めるか、どうすれば自分が幸せな人生を歩めるかとか、たまには考えてみるのもいいんじゃないですか?
これがやりたい!と思えるような事があったら、周りの目なんか気にしないでどんどん突き進んで行っても良いと僕は思います。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。