セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


程よく働きたい。



こんにちは、シュガーです。

会社というところは働く場所です。
上からの命令は絶対。プライベートをなくし会社にその人生を捧げよ。でもお金はあまりあげないよ。
僕が働いている工場はここまで酷くはありませんが、なんとなくどこの会社もそんな感じでしょう。
今は働き方改革とやらで残業時間を減らしましょうなんて謳ってますが、会社は実際にはたくさん働かないで程よく働きたいという人には厳しい態度を見せ、たくさん働かせようとあの手この手を使ってきます。

当たり前の顔をしながら一日で終わらない仕事量を渡してくる。

経営者は働いている労働者の人数を把握していないのか、毎日残業をしなければ終わらない仕事量を渡してきます。素直にその仕事をこなすと徐々に仕事量を増やされ、もう無理です!と言うまで人を増やすこともありません。
対処法としては、最初からこれ終わらないよね?と言い続けると運が良ければ仕事を減らしてくれます。

そんなにする必要ある?と聞きたくなるぐらい会議をして人手を取っていく。

会議は平社員はめったに出席することはありません。基本は班長が出席します。
大きな工場では班長が現場の仕事をすることはないかと思いますが、僕が働いている工場は人手が足りないということで、班長にも現場の仕事が組み込まれています。その班長を当たり前のように会議に出席させます。人手が足りないから班長が現場の仕事をしているのに、その班長を会議に出席させるってどうなんですかね?

f:id:sugarmusic:20181019181824j:plain:w400
おっと、程よく働くことは良いことだ。と書こうとしたのですが、また会社の愚痴を書いてしまいました。僕はまだまだ程よく働けていないという証拠ですね。
会社の愚痴を言ってしまう人は今の職場環境にストレスを感じているからでしょう。僕は周りの人に比べれば残業は少ないのですが、愚痴を言ってしまうということは何かしらのストレスを感じているということ。まぁそんなことは自分でもよくわかっていますけどね。できれば働くのは週三ぐらいにしてほしいですね。時間も一日六時間ぐらいで。もちろん給料はそのままでお願いします。

『みんなで同じ目標を持てば凄い力になって達成することができる。』なんて今までに何回も聞いたことがあります。僕のこの目標を叶えるためにみんなで頑張ろう!
なんて言いたいところですが、中には働くことが目的になってしまっている人もいますからね。そういう人は僕のこの目標に乗っかってくれないでしょう。むしろ僕の事をバカにすると思います。
お金が欲しいとはいえ、毎日残業をしている人達はなんとも思わないのでしょうかね?それとも会社にいるだけでお金が貰えてラッキーぐらいにしか思っていないのでしょうか。僕にはいつまでも残業を好んでする人の気持ちはわからないのでしょうね。
いつかストレスなく程よく仕事ができる日がきますように。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。