セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


工場以外では働けない。



こんにちは、シュガーです。

いつも働いている職場の愚痴を言っているシュガーですが、工場ほど僕に合った職場はないと思っています。中にはハズレの所もありましたが、僕は工場以外で働ける気がしません。

f:id:sugarmusic:20181117111657p:plain:w400

最低限の会話だけで仕事ができる。

僕は感情がすぐ顔に出てしまうので、相手が上司だろうがめんどくさそうな仕事を回されたら、嫌な顔をするし文句も言ってしまいます。これはまだ会社内だから許されているのだと思います。
もし僕が営業の仕事をしていたとして、お客さんにめんどくさいことを言われたらたぶんどこかで耐えられなくなると思います。最初は我慢できるかもしれませんが、どこかで限界がきてすぐ仕事を辞めることでしょう。
しかし工場だったら機械相手に仕事をしているので、その日イラついて怒った顔をしていても、怒った顔をして仕事をしている変な人としか思われません。
感情をコントロールする必要がないのです。
めんどくさい人相手にヘラヘラする必要もないですし、お客さん相手にペコペコする事もありません。朝礼で上司から当日の仕事の事や連絡事項を聞いたら、後は何も喋らなくても仕事はどんどん進みます。とても気楽なものです。

仕事も楽。

これは現場の仕事に限られますが、頭で色々考えるような仕事はほとんどありません。今の僕がいる所みたいに技術が必要な仕事もありますが、ほとんどが製品をセットしてボタンを押せば、後は機械が加工をしてくれます。作業者は見ているだけです。あまりにも単純すぎてやりたくないという人も中にはいますけどね。

大手の工場で働くと、手を止めるなとかお喋り禁止とか仕事中の束縛がすごいらしいです。
僕の所は少し緩いので喋っていても注意をされるようなこともないし、周りの変な人達を我慢することさえできればとても気楽な職場だと思います。セミリタイアを目指そうなんて考えなかったらおそらく定年まで働くことでしょう。
サービス残業みたいなのをさせる工場を今まで見たことがないので、残業さえすれば給料もそれなりに良くなりますからね。
もし人間関係に疲れたとか難しい仕事はしたくないと思っている人がいたら工場がおすすめですよ。・・・保証はできませんがね。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。