セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


噛み合わない経営者と労働者。



こんにちは、シュガーです。

工場で働いている人なら誰でも聞いたことがあるであろう単語『5S』。
『5S』とは、「整理、整頓、清掃、清潔、躾」をローマ字にして頭文字のSから取った言葉です。
この『5S』の内容は職場を整理、整頓、清掃をして綺麗な状態を保ち、無駄をなくしましょう。
という事なのですが、たぶんどこの職場でも行われている活動だと思います。

ですが今日はこの『5S』の中身に関しての話をしたいわけではありません。

幸か不幸か。僕は最初に勤めていた会社と今働いている会社でこの『5S活動』が始まるタイミングに立ち会いました。
どちらの会社も従業員から反発がありました。もちろん僕も反発をします。理由はそんなことをする時間がないからです。

普段残業代を稼ごうと無駄に残業ばかりしている人がこれでもかと文句を言っていました。そんな事をする暇はないと。手を止めてよくわからない事をしているのによくそんな事を言えるなぁと少し感心してしまいましたよ。そういう人は最終的にはこれで堂々と残業ができると気付いたのか、永遠と『5S活動』をしてましたがね。

で、話を戻しますが、実際そんな事をする時間がないのです。毎日残業をするかしないかのギリギリで仕事をしているのにそんな事をしたら確実に残業をしなければならなくなります。
皆がそんな理由かはわかりませんが案の定『5S活動』は中々うまく進みません。
それを見て社長は考えます。「なんでみんなやってくれないんだ。職場が綺麗になって無駄をなくせば早く仕事が終わるじゃないか。」本当にそんな事を考えていたかどうかはわかりません。ですが社長は閃きます。「時間がないからやらないんだ。その時間を作ればいいんだ。」と。

結果、毎週金曜日の夕方の四時半から五時までの三十分が『5S活動』の時間になりました。もちろん仕事の量は変わりません。
ってオオオイ!そうじゃないよ!仕事量を減らすか人を増やせよ!今のまま仕事を増やすんじゃないよ!と心の中で思ったのは僕だけじゃない筈です。
時間がないってそういう意味ではありません。「仕事量が多くてする時間がない」って意味であって「『5S活動』をする時間が組み込まれていないからする時間がない」という意味ではありません。
不思議なことですが最初の会社も今の会社も細かい違いはありますが、ここまでの流れはほとんど一緒でした。

『5S』やるよー、忙しくてする時間ないからやらないよー、仕事の量は減らさないけどこの時間に『5S』をすることにしたからなー、フザケンナー。

まぁここまでされたら労働者はするしかないので渋々やるわけですよ。
しかし全員の残業が増えたのかというとそういうわけでもなく、班長と一部の残業をしたい人だけが残業をする時間が増えただけでした。
最初のうちはみんなで渋々していた『5S活動』も気付いたらほとんどの人は手伝うことすらなくなくなりました。

それでも職場はまぁまぁ綺麗になりました。それなりに整理整理もされて以前に比べれば道具を探す手間等はなくなったと思います。たぶん。
でも考えてみてください。その程度のムダがなくなっただけで仕事が速くなったりすると思いますか?

なりませんよね。残業をしたくない人はそんな事をしなくても仕事を早く終わらせるし、残業をしたい人はそんな事をしても早くなんて帰りません。
結局それ自体がムダな活動だと悟ったのか、どちらの会社も数年でこの『5S活動』はなくなりました。
会社が使ったお金は『5S』を教えてもらうためにどこからか呼んだコンサルタント代と、その活動を行うために残業をさせられた人件費等です。きっと元は取れてないんだろうな。

一体何をしたかったのか僕にはわかりません。きっと僕達にはわからないような考えが経営者にはあったのでしょう。
僕にはまったくムダな活動としか思えませんでしたがね。経営者の求めている理想と従業員の求めている理想は重なることはこれからもないのでしょう。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。