セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


労働者の敵。



こんにちは、シュガーです。

20歳から働き始めて、早十数年。良いこともあれば悪いこともありました。とてもよく遊び回ったとは言いませんが、それなりに楽しく過ごせていると思っています。プライベートは。
仕事の方ですけど、こちらはうまくいってないですね。20代前半の頃はまだ新鮮味があって今よりはつまらないという事はありませんでした。当時は人にも恵まれていて、仕事の事でたくさんの人に助けてもらいましたし、『みんなで助け合って仕事をしよう』と少しはこんなことを思っていた時期もありました。今では考えられませんね。

どこで道を間違えたのか。それとも普通の道に戻ったのか。今では仕事を辞めたくて仕方がありません。それは一日最低八時間も働かなければならない環境に嫌気が差してしまったから。
ただ八時間働くだけだけでも苦痛なのに、会社からは明らかに八時間で終わらない量の仕事を渡されて、終わるまで帰れないからな。的な雰囲気を醸し出してきます。

僕は定時で帰りたいから早めに終われるように仕事に取り組むのですが、そうすると現れるのがサボりたい人達。早く終わった僕を見て「あいつはサボってる」と上司や周りの人達に言いふらします。自分は手を止めてブラブラして喋ってばかり。いいご身分ですね。
トイレ休憩の多い僕に見えない所で「アイツはトイレ休憩が多い」と悪口を言う人もいます。まぁこれは僕が悪いですけどね。

他人の仕事をしているところをチラチラ監視して、自分ができない仕事に対してこれでもかと文句を言ってくる、ベテランを装う長く勤めているだけの人。みんなと仲良く喋っているのに実は陰でみんなの悪口を言っている人。会社というところは本当に色々な人がいます。

何故同じ労働者に嫌がらせみたいな事をするのでしょうか?労働者同士で監視しあっても経営者の思う壺だって気付かないのでしょうか?
人間だから人に対しての好き嫌いはあると思いますが、嫌がらせをしてくる理由はわかりません。その人の事が嫌いなら無視をしていればいいと思います。少なくとも僕はそうしています。

もう今の会社で信用できる人は居ません。今までの会社ももしかしたら僕の見えない所ではそうだったのか?と思ってしまいます。もしかしたら労働者の本当の敵は経営者ではなく同じ労働者なのかもしれませんね。
一緒に働いている人に嫌がらせをするような人間にはなりたくないものです。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。