セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


会社が嫌いな理由。



こんにちは、シュガーです。

僕はセミリタイアを目指しています。
それは働くのが嫌だからではありません。
会社で働くのが嫌だからなのです。

ではなぜ会社で働くのがそんなに嫌いなのか。
理由はたくさんあります。

時間に縛られる。

どの会社も最低でも一日八時間は働かなければいけません。どんなに早く仕事が終わっても有給を使わない限り、八時間は会社に拘束されます。
ハッキリ言って長いです。

終わらなかったら残業をしなければならない。

今当たり前だと思ったそこの貴方。
あなたは社会の毒に冒されてます。終わらなかったら残業をする。
では、早く終わった時は?
終わらなかったら残業をしなければいけないのに、なぜか早く終わった時は帰れません。
もし早く終わっても八時間は会社に拘束されるのなら、終わらなかった場合でも八時間で帰れなければ筋が通りません。
会社は、会社で労働している人の時間を搾取して成り立っているのです。

頑張っても報われない。

頑張れば報われる!と思っているそこの貴方。一人でずっと頑張ってなさい。こっちを巻添えにしないでひたすら一人で頑張りなさい。
どんなに仕事をこなしても、どんなに残業して働いても増える額は微々たるものです。
出世をすれば給料が上がるじゃん。という人もいますが、本当にそうですか?
じゃあ隣でテキトーに仕事している人がいても気にしないでくださいね。
出世して上がった給料に文句があるからテキトーに仕事をしている人がいるとイラッとするのです。
だってテキトーに仕事をしている人より高くもらっているんですよね?
管理職手当?
お給料なり報酬なりに貴方の苦労とやらが釣り合ってないからこそ他人に対してイラ立ちがあるのです。
「俺がこんなに頑張ってこれしか給料がもらえないのに、なんでお前はそんなに気楽に仕事をしているんだ。」
そう思う人が出てきて険悪なムードになるのです。

足を引っ張る人がいる。

これは会社に限りません。人が集まると必ず起こります。足の引っ張り合い。
他人なんて放っておけばいいのに、何故か気になるのが人間です。
自分の見える範囲で成功する人が現れると必ずそれを邪魔する人がでてきます。
こればかりは人間の性だと思っているので、諦めの部分もありますが、せめて働いている会社ではそういうのはやめて欲しいです。
頑張って生産したものをわざとなのか間違えてなのかわかりませんが、不良品にしないでほしいです。
時間と体力のムダです。
精神的にも疲れてしまいます。

出世をさせたがる。

大手ならばもしかしたら人がたくさんいるからそんなことはないかもしれませんが、小さい会社だと少し仕事ができるだけで出世をさせたがります。
断ったとしても来年、再来年と話がやってきます。
「そろそろお前も昇進する頃かもな」
別にそんなこと望んでいないのにそんなこと言われたらやる気が削がれますよね。僕だけ?
苦労しかしない昇進なんてしたくありません。


他にもたくさんありすぎてここでは書ききれません。

とにかく会社は働く人のやる気を削いでいきます。
中途半端なやる気だけだと埋もれてしまいます。
そうしたらどうすればいいと思います?
辞めればいいと思います。

なかなか辞められないシュガーが言うのもどうかと思っていますけどね。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。