セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


映画『プーと大人になった僕』を見てきた。



こんにちは、シュガーです。

映画『プーと大人になった僕』を見てきました。
妻も見たいと言っていましたが、僕も見たいと思っていたので、初日から見に行きました。

映画館の中は女の人が大勢いました。カップルで見に来る方達もいましたが、やはり女の人の方が割合が多いですね。中には男の方一人で見に来ている方もいました。

男の人、女の人関係なく、映画館に一人で行ける人は尊敬します。

僕もいつかは一人で映画館に入れるぐらい、人の目を気にしない人間になりたいです。

少しネタバレになるので、気になる方は見ない方がいいかも知れません。







ここから少し映画の話をします。







幼い頃に100エーカーの森で、プーさん達と楽しく遊んでいたクリストファー・ロビンは、遠い学校に行くことになりプーさん達と別れることになりました。

クリストファー・ロビンは「プー達の事は絶対に忘れないよ。」と言いましたが、学校に通い、結婚して、忙しい会社で働いていくうちに、プーさん達の事を次第に忘れていきました。

ある日、難しい仕事を頼まれたクリストファー・ロビンは色々あってプーさんと再会しました。

そこからあーだこーだあって自分の本当に大切なものを見つけていく。
※一応、僕なりの解釈です。

というストーリーなのですが、僕はこの映画をぜひ、仕事で忙しい人達に見てほしいと思いました。

仕事をすることも大切だと思いますが、仕事に熱中しすぎて周りが見えなくなっている方はいませんか?

独り身の方でも、結婚して家庭を築いている方でも、もしそうなら一度その足を止め、周りを見渡す事をオススメします。

働いてお金を稼いでいるから偉いなんて事はありません。
仕事をしすぎて、眉間にシワをよせ、仕事の事ばかり考えて何年も笑っていない。
そんなあなたを心配して見てくれている人がいるはずです。

映画の中では、現代の忙しく働く人に突き刺さる言葉がたくさんでてきます。

働く事は悪くない。

僕はこのブログで働く事に対して文句ばかり言っていますが、働くこと自体は悪いとは思っていません。
働きすぎが良くないと思っているだけです。

映画の中でクリストファー・ロビンは夜の9時過ぎに家に帰ってきます。
家族のために毎日遅くまで働き、大切な仕事があると言って、週末も家族と過ごす事より仕事をする事を選びます。

クリストファー・ロビンは家族の為と言いますが、奥さんや子供はそんなクリストファー・ロビンと心が離れていってしまいます。
離れていないかも?

仕事をすることだけが家族の為ではありません。

せめて週末だけでも家族と過ごす時間を作りたいですね。まだ結婚していない人は親なり、友人なり、もし週末ぐらい一人でいたいと思うのなら趣味に没頭するのもいいでしょう。

仕事をしない時間を作ることが、楽しく生きる為には必要だと思っています。

僕の理想はまるっきり働かない事ですが、さすがに無理そうなので週3、4日ほど午前中だけ働いて、後は働かないぐらいにはなりたいですね。

そんな事を考えながら毎日必死に働いています。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。