セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


高尾山に行ってきた。



こんにちは、シュガーです。

この間、妻が前からずっと行きたいと言っていた高尾山に登ってきました。

最近の僕は行動力がなく、妻から行きたいと言われてもなかなか腰が上がらなかったのですが、ようやくその重い腰を上げることができました。
僕にもう少し体力が欲しい。

ということで、特に渋滞に巻き込まれることもなく朝の7時半に高尾山口駅に着きました。
車は一応、駅の目の前の駐車場にとめることができました。それでも狙っていた駐車場は満車で、すぐ隣にある小さい駐車場にとめることになりました。駐車代は前払いで一日1500円。少し高めの駐車代になってしまいました。

体を伸ばしていざ、出発です。
f:id:sugarmusic:20180909230114j:plain

高尾山口駅の横にある小道を少し登るとすぐにリフト、ケーブルカー乗り場に着きます。かわいいムササビが迎えてくれます。
f:id:sugarmusic:20180909230840j:plain
f:id:sugarmusic:20180909230954j:plain

地図を確認し、登るルートは行きは紫色の6号路、帰りは妻の行きたい所に寄るので赤色の1号路に決めました。
f:id:sugarmusic:20180909231503j:plain

ケーブルカー乗り場の横にある舗装路を少し登ると、ついに山道に入ります。
f:id:sugarmusic:20180909232618j:plain
f:id:sugarmusic:20180909232727j:plain

二人揃って運動不足なので登るペースが遅いのか、後から来た人にどんどん追い越されていきます。水戸黄門のオープニングが頭の中で流れていました。
f:id:sugarmusic:20180909233557j:plain

登り始めて20分程で最初の休憩地点に着きました。もちろん休みましたよ。全身汗だくだし、足がもう悲鳴をあげています。
それでもあまり休むと体が動かなくなりそうなので、少し休んですぐ出発しました。

地図で確認したときに琵琶滝という滝があったので、これはぜひ写真に撮ろうと思ったのですが、見当たりません。おかしいなと思ったら、
f:id:sugarmusic:20180910000659j:plain
すでに通り過ぎていたらしい。地図に書いてあるぐらいの滝だから見落とすことはないと思うのだが、滝なんてどこにもありませんでした。
高尾山にいるという天狗の仕業なのか?

途中で小川の写真を撮ったり、川を上れるように飛び石の場所があったり、自然の中を満喫しながら登り続けました。
f:id:sugarmusic:20180910001535j:plain
f:id:sugarmusic:20180910001648j:plain

そんなこんなで登り続けると急に階段が現れます。おそらくそろそろ頂上なのだろう。
そう思いながらその階段を登り始めたのだが、この階段が地味にキツい。
f:id:sugarmusic:20180910002643j:plain

しかも思ったより長い。悲鳴を上げていた足はいつしかガクガクと笑いだし、限界に近づいていると思ったその時、やっと頂上に着いたのです。
階段が終わり、広い休憩できる場所です。空いているベンチに腰を掛け、やっと頂上だ~と思って水を飲んで休憩をとりました。

でもおかしい。頂上ってもっと景色がいいんじゃないか?周りは木に囲まれて景色なんてなにも見えない。もしかしたら?
奥の方に看板が見えたのでそっちの方に行くと
f:id:sugarmusic:20180910003343j:plain

やはり頂上ではなかった。まだもう少し先があるらしい。
仕方がないので、またさらに登ることにします。
といってもさっきまでとは違い、階段ではないし舗装路でした。
それにそこからはすぐ頂上に着きました。
登り始めておよそ90分。看板に書いてある通りの時間でした。
どんどん追い越されて、休憩を何回もとったのでもう少し時間がかかるかな?と思ったのですが、考えすぎだったようです。
f:id:sugarmusic:20180910004423j:plain
f:id:sugarmusic:20180910004529j:plain

頂上で景色を楽しみいつもの日課をこなし、体力も回復したので惜しみつつも下山を始めたいと思います。

行きは山道をひたすら登りましたが、帰り道は全て舗装路でした。
山の中の登山を楽しみたい人は使わない方がいい道だと思いました。

それでも妻の行きたい所、つまり食べ物のある所はこの道沿いにあるので、僕たちはひたすらその道を下ります。
途中ムササビの巣穴やら薬王院やらを通りすぎ、ついに着きました。一つ目の目的地。
『十一丁目茶屋』
ここは僕が寄りたいと言った場所です。景色がいいのだとか。

景色はすごく良かったです。お団子もパリッとしていて美味しかったです。
このまま気付いたら車の中だったらどんなにいいことかと思いながら、次の目的地に向かいます。

写真?そんなものは撮っていません。自分の目で確かめてください。

今度は『天狗焼き』なるものを探しにケーブルカーの駅に向かいます。
十一丁目茶屋をでてすぐ着きます。

ビアガーデンもできるという場所の隣にあります。
ケーブルカーを降りたらすぐ目の前。お店の名前は高尾山スミカ。ありましたよ。天狗焼き。

甘くて美味しかったです。妻はとても満足そうにそう言いました。その笑顔を見れて僕も満足です。

写真?そんなものは撮っていません。許可をとるのがめんどくさいわけではありません。

食べてる途中から雨がパラついてきて、急いで下山をすることにしました。
ケーブルカー等は使わないことにしていたので、歩いて下山します。

ここからが辛かったです。舗装された道を延々と下るのですが、ハッキリ言ってつまらないです。
僕は心の中でケーブルカー使えばよかった。と思うほどでした。

f:id:sugarmusic:20180910011654j:plain
こんな感じがずっと続きます。

やっと下山した時は11時半ぐらいでした。
登り始めてだいたい3時間40分で帰ってきました。

登山は何年か前に少しだけしたことがあり、久しぶりに山に登りましたが、とても楽しかったです。
またどこかの山に登りたいね。と帰りの車の中で妻と話しましたので、またどこかの山を登りたいと思います。

今日掛かった費用は駐車場代1500円。団子代が650円。気のせいか団子代は700円だったような?記憶が曖昧だったのでネットで調べました。お蕎麦代が650円。天狗焼きが130円。
天狗焼きは妻が支払っていたので、こちらもネットに書いてある値段を見ました。

合計で2930円です。これに高速道路代とガソリン代が加わります。

駐車場代が結構掛かってしまったのが心残りです。
帰りに500円の駐車場を見つけてしまったので、さらにショックです。

やはり下調べはちゃんとした方が良いのですね。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。