セミリタイアを目指す男のブログ

このブログはセミリタイアを目指す男のブログである。


セミリタイアを目指す理由。



こんにちは、シュガーです。

僕は20歳で働き始めて、2つの会社を辞めて今の会社で3社目になります。

最初の会社は人間関係も仕事内容も特に不満はなく、ずっと勤めるつもりでいました。
辞めたきっかけは給料の安さと、もしかしたら海外転勤があるかもしれないという不安から辞めることにしました。
海外転勤なんてしたくなかったし、給料も残業をそれなりにこなさないと生活できないだろうという金額でした。その頃も残業をほとんどしてなかった僕はとてもビンボーでしたね。よく生活できてたと思います。

2社目は給料のいい所ということで、夜勤のある会社を選びました。
ところが給料はたしかに良かったのですが、残業はほぼ強制だったし、夜勤はキツいということですぐ辞めてしまいました。といっても2年半ぐらいは働いていましたが。
鬱とまではいきませんが、早くこの会社を辞めないと自分がおかしくなる、長く勤めない方がいいと思ったので辞めました。
この会社で得たものは何もありません。本当に人生で一番ムダにした時期だと思っています。
もう夜勤はやりたくありません。夜勤を問題なく続けられる人はすごいと思います。僕にはあの仕事を定年まで続けられる気がしませんでした。
この会社のおかげで働くことに対してなんとも言えない気持ちになり始めます。

そして3社目、今の会社ですね。給料は最初の会社に比べるといいのですが、人間関係が少しめんどくさいです。工場は変わっている人が多いと思っていましたが、ここは特に多いですね。結構ストレスが溜まります。それでも今のところはなんとかなっております。早く辞めたいですがね。

僕のセミリタイアを目指す理由ですが、会社員として毎日同じ場所に行って、同じことをやらなければいけない、こなさなきゃいけないということに嫌気が差したっていうのはもちろんですが、一番は夫婦共働きで時間が足りないと思うようになったからです。

僕は妻にも働いてもらっています。とても感謝をしております。お互いが一日最低でも8時間は働きます。なるべくしないようにしていますが、残業をする時もあります。
やりたいこと、行きたいところはありますが、平日仕事が終わったあとだとできることは限られてくるし、旅行に行きたくなっても有休は使えますが、何日も連続で使うのはさすがに気が引けます。

あと、妻も僕も体力が落ちてきました。
よく30歳を過ぎると体力落ちるぞと言われてきましたが、正にそれですね。
仕事の後は疲れてしまいます。仕事の後になにもする気が起きないときも多々あります。今でこの状態なのに今より歳をとったらどうなるんでしょうね。
それに2社目で感じた働くことに対してのなんとも言えない気持ちがずっと心に残っていました。
そのなんとも言えない気持ちが、もう働きたくないに変わっていたんだと思います。

今の時代は便利です。スマホで調べればなんでも出てくる時代です。
調べた単語は覚えていません。たどり着いた先にあったところにセミリタイアという文字がありました。僕達の目指す場所はここだと思いました。

最初、妻にセミリタイアという生き方があることを少し話してみました。結果はうちにそんなお金はないからできないと言われました。
ですよね。とりあえずお金が貯まったらまた話してみようと思います。

それでもとにかく、セミリタイアという目指したい場所が見つかりました。いつも書いていますが達成できるかはわかりません。
気付いたら夫婦共働きが当たり前になった今のこの世の中で、夫婦でセミリタイアをする。まだ子供はいませんが、家族で仕事に追われることもなくゆっくり生きていきたい。今のところの僕の夢です。
セミリタイアへの道は果てしなく険しいですが、頑張ってみたいと思います。

僕がセミリタイアできる日は来るのだろうか。